マリノ・セレス紹介が載っている本
 1992年誕生以来、色々な本、雑誌などで紹介されていると思いますが、ここでは当方が確認済みのものを紹介します。


雑 誌 ・ 書  籍  名

発行元

発行年月

内     容

モーターファン別冊
ニューモデル速報bP21 カローラ・セレス/スプリンター・マリノ&カローラFXのすべて
三栄書房

H4・6

ドライビング・インプレッション、ライバル車との比較、メカニズム解説、開発ストーリーなど多岐に及ぶ内容。オーナー必見!
GOLDカートップ
ニューカー速報bU4 カローラセレス スプリンターマリノ カローラFX
褐通タイムス社

H4・7

上記内容にほぼ準じますが、どちらかといえばこっちの方がいいと思います。
月刊自家用車 1992年7月号 鞄煌O出版社

H4・6

新車紹介で、「実用性も重視したスタイリッシュなコンパクト4ドアHT」「パーソナル性と上級感覚のあるレビン/トレノの4ドア仕様」と見出し。全グラビアで、9ページにわたる。
月刊自家用車 1993年8月号

H5・7

ユーザー長期使用報告「セレス/マリノ」という月変わりの記事にて、24人の読者オーナーによるレポートが掲載。12ページにわたる。
 CF:この中で現在もオーナーの方って、いるのでしょうかねぇ〜(爆)
J’sTipo 1995年6月号増刊
トヨタ オールアルバム

ネコ・パブリッシング

H7・5

カローラがモデルチェンジされたのにあわせて、マリノ/セレスがちょっとだけ紹介。
別の記事で、「セレスといったよくわかんない4ドアハードトップを抱えているカローラ・シリーズだが・・・」と、こき下ろされています。でも、全体的に好印象を与えています。
間違いだらけのクルマ選び 93年版 徳大寺有恒

草思社

H4・12

カローラ・スプリンターの紹介中、
「マリノ/セレスを買ったのではカローラの半分も買ったことにはならない」
「こうゆうクルマが良く売れて、平気でまかり通るようなマーケットから、いいクルマが出てくるとはとうてい思えない」などと書いてあります。
(94年版以降も記述有りますが、割愛)
絶版車カタログ 1990〜1999国産車編 【Part6 円熟期】

英知出版

H12・7

TypeG・Xのスペックと共に、
「カリーナEDの成功に刺激を受け、1クラス下のカローラでも4ドアHTスペシャリティーを投入」「4ドアモデルではあるが完全なパーソナルカーで、スタイルがすべて」などと紹介。この本では、過去のクルマとして紹介されてるわけです。
番外!
OPTION2 2000年4月号
三栄書房

H12・3

クルマ紹介っていうか、当イノセントアイズの紹介記事が載っているので。
せめてこれだけでも、読んでね(笑)
内容は、記念すべき第1回全国ミーティングの模様です。
番外その2!!
OPTION2 2001年2月号

H13・1

イノセントアイズ西日本ミーティング記事が載っています。(実は知らなかったです)
全国のセレス/マリノオーナーの方是非参加ください。
番外その3!!!
OPTION2 2001年12月号

H13・11

第2回イノセントアイズ全国ミーティング記事が載っています。2ページにわたって掲載されていますので、かなり目立ちます。
今回は集合写真が大きいので、各メンバーがはっきり写ってます。見逃せません(笑)


この中で、モーターファン別冊ニューモデル速報と、GOLDカートップニューカー速報は、某オークションとかで、比較的入手しやすいかと思います。