カローラ・スプリンターの軌跡


マリノネタでは無いのですが、やっぱり気になる歴代カローラシリーズの事を分かっている範囲、個人的意見で書いてみました。
世界のカローラが、どうゆう歴史を歩んできたか、国内モデル中心に簡単ではありますがまとめてみました。

前書き
 通産省(当時)が1955年に提案した国民車構想によって、新規参入を狙っていたメーカーはこぞって軽自動車を開発、発売し「スズライト」「スバル360」等といった名車が誕生し、日本のモータリゼーションに大きく寄与しました。
 軽自動車が台頭する中で、あえてトヨタ自動車は軽自動車枠を越えて、しかも安価な「国民車」すなわち、創業以来の念願でもあった大衆車「パブリカ」を1961年に世の中に送り出しました。しかし、発売当初は、軽自動車の恩恵制度・豪華志向の影響もあって、販売不振だったとの事。その経験を生かしてカローラを誕生させたのです。

初代 E10系(1966年〜1970年)
カローラ・2ドアセダン 1100ccデラックス  パブリカの上級車として位置付けられ、「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで発売された初代カローラは、あっと言う間に大衆車No1の地位を築きました。先に発売されていた日産サニーが、1000ccでしたからかなり意識していたのでしょう。
 発売当初は、K型OHV1100cc、2ドアセダンのみの設定でしたが、翌年には4ドアセダンと商用のバンを追加。1968年には2ドアクーペの
カローラ・スプリンターを発売。1969年には全車1200ccとなりました。


2代 E20系(1970年〜1974年)

カローラ・4ドアセダン 1400SL

スプリンター・クーペ 1400SL

カローラ・2ドアクーペ 多分1400cc
 この世代からカローラとスプリンターは、それぞれ独立して発売されるようになりました。
 当初、カローラは、2ドアセダン、2ドアクーペ、4ドアセダンで、スプリンターは2ドアクーペでスタートしましたが、スプリンターにも最終的に4ドアセダンが設定されました。
 1972年には、あの有名な1600cc・2T−G搭載のライトウェイトスポーツ、

  
  カローラ・レビン
    スプリンター・トレノ


が発売されました。

CF:この世代の2ドアクーペのカローラをウチのオヤジが、かつて所有していました。(左3段目。写真が出てきたので、UPしてしまいました・・・)ちなみに次のクルマははダルマセリカで、その次はスカイラインTIでした。


3代 E30〜60系(1974年〜1979年)

カローラ・4ドアセダン 1200ccハイデラックス

スプリンター・4ドアセダン 1400ccXL
 この世代は、排気ガス規制によって、途中で型式が変わっています。かつカローラとスプリンター別々に型式が割り振られており、30・50系はカローラ、40・60系はスプリンターとなっています。
 カローラは、2ドアセダン、2ドアHT、4ドアセダンで、スプリンターは4ドアセダン、2ドアクーペと、両車新たにリフトバックが設定されました。


4代 E70系(1979年〜1983年)

カローラ・4ドアセダン GT

スプリンター・4ドアセダン GT
 ボディーバリーエーションが、多い。
 カローラ:2ドアセダン・4ドアセダン・2ドアハードトップ・2ドアクーペ・リフトバック・ワゴン。
 スプリンター:4ドアセダン・2ドアハードトップ・2ドアクーペ・リフトバック。
 この世代を含めて以前のモデルは殆ど見ることが無くなりました。


5代 E80系(1983年〜1987年)

カローラ・4ドアセダン 1500ccSEサルーン
  スプリンター・4ドアセダンGT(4A−GE搭載)

カローラ・FX GT(4A−GE搭載)
 この世代は、駆動方式がFFになった記念すべきモデルですが(FFがコスト的に有利だと判断されたんだと思う)、カローラ・レビンとスプリンター・トレノはFRを踏襲。4A−GELUを搭載するレビン・トレノはいまだに「ハチロク」として走り屋系に支持されています(ちなみにE90系は全てFFになってしまった為、ハチロクの中古がよく売れたんだとか)。
 当初のボディーバリエーションはカローラ、スプリンターともに基本デザインは同じ(4ドアセダン、クーペ系2ドアハッチバック・2ドアノッチバック、新登場5ドアハッチバック)ですが、細部の違いはフロント周り及びリアデザイン、大きな違いはスプリンターセダンの6ライトウィンドウ。トレノのリトラクタブルヘッドライト。販売戦略上スプリンターの方を上級イメージしていました。
 エンジンは、1300cc、3A型1500cc、4A型1600cc(ツインカム16バルブEFIと、シングルカム8バルブEFIの2本)、1800ccディーゼルとラインアップしていました。ツインカム16バルブ車とは対照的に、1600cc8バルブEFI搭載車は希少だったと思います。
 1984年には、2BOX車としては日本初ツインカムエンジン搭載の3ドアハッチバック
カローラ・FXが新登場しました(スプリンターには設定無し)。当時ファミリアが大ブレークしていましたから、それを横目に見ていたのでしょう。


6代 E90系(1987年〜1991年)

スプリンター・4ドアセダン 前期型 1500cc SEサルーンEFI

スプリンター・シエロ 前期型 1500cc Xi

スプリンター・カリブ AVUツーリングスペシャル
 この世代でついにカローラ・レビン、スプリンター・トレノもFFに変更されました。カローラ、スプリンターともにボディーバリエーションは4ドアセダン、2ドアクーペ、ワゴンと、2BOXのカローラ・FX、5ドアハッチバックのスプリンター・シエロ。
 エンジンは、前期型は1600cc(4A−GEツインカム16バルブEFI、4A−GZEツインカムスーパーチャージャー16バルブEFIと、4A−Fツインカム16バルブキャブレターの3本)、1500cc(5A−FEツインカム16バルブEFIと、5A−F同キャブレターの2本)、1300cc、1800ccディーゼルが有りました。
 1500ccは5A型となり、このクラスにもツインカム化の波が押し寄せて来ました。ハイメカツインカムと呼ばれた1500ccと、4WD用1600ccキャブレターは実用クラス。かといってやっぱトヨタですから、抜かりは有りませんでした。よく出来ていました。ツインカム化によって部品点数が多くなりコストが跳ね上がってしまうのに、普及クラスにも採用してしまうトヨタの底力を見せつけてくれました。でも5A−F・1500ccキャブレター仕様はちょっと非力感があったのも事実です。セダンは前期型1500ccのEFI搭載(5A−FE)は1グレードでしたが、後期型はガソリン全車EFI化(除く1300cc)し、1500cc上級グレードはチューニング違いpsアップ16バルブEFI−S(5A−FHE)として差別化していました。
 ビジネス需要向け低グレードには3速ATが有りました。他社同クラスは4速だったのですが、意味不明でした。単に価格表対策の為だったのでしょうか?(セダンでも黒バンパー、ある意味渋いw)
 5ドアハッチバックとして、
スプリンター・シエロという、何処かの言葉で「天空」を意味するサブネームで、新ボディーで登場しました。当時の5ドアハッチバックのデザインとしてはすごく斬新で話題となりましたが、5ドアハッチバックというクルマは日本市場では案の定さっぱりで、この世代のみで販売終了になりました。
 新たにRVの、L20系ターセル・コルサとボディーを共有していた
スプリンター・カリブが、フルモデルチェンジを受けE90系に仲間入りし、2代目となりました。


7代 E100系(1991年〜1995年)

 カローラ、スプリンターともに4ドアセダン、レビン・トレノ2ドアクーペ、2ドアHB(カローラ・FXのみで、1992年にフルモデルチェンジ)、ワゴンという基本ボディーバリエーション。全体的に丸っこいデザインが、ちょっと進んでいたと思います。
 エンジンもより熟成され、ガソリン車は1300ccと、1500cc16バルブEFI、1600ccは4A−GEの20バルブ・160ps、4A−GZEスーパーチャージャー・170psと4A−FEの16バルブEFIの3本、ディーゼルは2000ccといった構成でした。
 この世代も何故か3速ATが低グレードに存在してました。
 レビン・トレノにはスーパーストラットサスペンション装着車、スーパーチャージャー車が有りましたが、どうせならセダンGTでも展開して欲しかったです。セダン=父ちゃん車図式をここでも露呈してしまったので、スポーツセダンが欲しかった人は、他社のモデルを買った人も居たのです。セダンに「TWINCAM20」ステッカーは、なかなかカッコ良かったのに。
 発売当初は、先代より値段が高くなったどうのこうの、エアコンが標準になった分高くなっただけだったというしょーもない事で雑誌に書きたたかれていました。でも、トヨタですから巧みな宣伝方法にて、着実に売上を伸ばしていきました。
 1992年、コンパクトクラス初4ドアHTの、
  
カローラ・セレススプリンター・マリノ
が登場し、車、宣伝ともに話題を呼びました。
 また、バブル時期に開発、製造されましたから、コストを無視するがのごとく上質なつくりで、他の同クラスライバル車をよせつけない正に横綱相撲でした。
 この頃バブルがはじけて、以前に比べて車が売れにくくなってきてしまい、さすがのトヨタも車種整理に取り組まなくてはならなくなったのでしょう。本家セダンが1995年にフルモデルチェンジが行われてもセレス・マリノ・FXの3車種はE100系にて継続販売され、最終的には1998年までに販売終了となりました。
 
カローラ・セダン 後期型
 スプリンター・セダン 後期型

8代 E110系(1995年〜2000年)

 カローラ、スプリンターともに4ドアセダン(旧モデルに有った4A−GEのGTは設定無し)、レビン・トレノ2ドアクーペ、ワゴン(先代モデルを踏襲)のボディーバリエーション。全体的にややスクエアなデザインが、「バブルがはじけて、こんな感じになった〜」といわんばかりの、コスト重視の、贅肉を削ぎ落としたようなデザイン&内装でした。黒バンパーがビジネス仕様のような、ちょっとチープな感じがw。でも、個人的に嫌いではありません。
 黒バンパーが不評だったのでしょう。マイナーチェンジでボディー同色となり、前後デザイン意匠等の大幅な変更を受け、セダン4A−FE車は廃止となり、4A−GEのGT、しかもマニュアル車は6速となり久々の復活となりました。同時にGOAを授かり、より安全性をうたい文句に、順調な販売を続けていました。
 しかし、より他用途にと、世間一般ユーザーはRV志向に向かっていましたから、より多くのRV車を出すのを想像するのは難しくありません。よって、「聖域」のレビン・トレノも整理対象になってしまい、この世代で販売終了となってしまいました。
 1995年に、
スプリンター・カリブがフルモデルチェンジされて、3代目となりました。
 1997年に、RVとして、
カローラ・スパシオが新規追加されました。ボディーはセダンベースの、ハイルーフ5ドアワゴンです。
 2000年初秋に、カローラはプラットフォームから全面モデルチェンジが施され、E120系・9代目を襲名し(爆)発売されました。が、スプリンター系は後継がなくなりモデル廃止(但し2002年中頃迄スプリンター・カリブ及びライトバンのみ、旧型式にて継続販売しました。尚、カローラ・ライトバンも同様)となってしまいました。
カローラ・セダン SEサルーン 1500cc 前期型

スプリンター・セダン Sクルーズ 1600cc 前期型

9代 E120系(2000年〜2006年)

 コンパクトカークラスのワールドスタンダード・グローバルスタンダード・ジャパニーズスタンダード(しつこい)を目指す(?)トヨタが満を持してモデルチェンジ、9代目になり、プラットフォーム・エンジンも全面一新して登場しました。
発売当初E120系は、T210系コロナ・プレミオよりも良く出来ていたらしくて、コロナ開発陣をあわてさせたとかなんとか。どう辛くみても実際あれだけ良く出来てると、他のクルマはいらないんじゃないかと(爆)

 シリーズの最初は、

      
カローラ・セダン
      
ワゴンの「カローラ・フィールダー」

のみの発売でしたが、2001年になってからは、

5ドアで、

      カローラ店向けの
「カローラ・ランクス」
      
ネッツ店向けの「アレックス」
      
ビスタ店向けの「Will VS」

をそれぞれ新規発売開始しました。

 セダンは、まぁプリウスコンプレックスみたいなデザインながらも、似て非なる感じ。好き嫌いがはっきり分かれるでしょう。一昔前に、セルシオからカローラまで「トヨタの金太郎飴作戦」なんていわれていたのを思い出したのですが、しばらくはこういう感じのデザインがトヨタのグローバルスタンダードになっていくのでしょうか?
 カローラ・ランクス、アレックスの場合は全長を短くしてもあえて5ドアにしたのは、なぜでしょう?それが特徴なんですけどね(爆)。6MTをおごったグレードもあるので、やっぱりレビンの後継車(?)という捉え方になりますね。ライバル車はあえて言うならVWのGOLFかPOLOと思ってます。しかしこれらの外車と、価格・性能・質感で比べたらカローラ・ランクスの方が上です。自分は雑誌等に出てる様なヨーロッパ車かぶれ人間ぢゃ、無いからね(笑)。のっけからトヨタのクルマがイヤな方、カローラとかいう名前がイヤな方等には、VWがいいでしょう。同じくらいネームは知れ渡っているのに、ネームバリューはVWが上になってしまうのです。GOLFとかいうほうが軟派なんですけど!
 Will VSは3ナンバーボディー。Willシリーズの第2段ですが、Viとは趣が180度くらい違ってかなり挑発的なデザインです。前から走って来た時ちっとビックリしてました。
(ちなみにViは2002年春をもって生産終了予定です) 

 秋に、

      
「カローラ・スパシオ」

がスケジュール通りに(?)フルモデルチェンジされて、2代目になりました。同じ時期にホンダ・フィットが出て、バカ売れしてるもんですから、スパシオはちっと影が薄いような・・・・。
しかし、ホンダ・フィットは、ヴィッツと比較されているみたい。

2002年夏〜秋にかけて、
E100カローラ・ライトバン(ワゴン)並びにスプリンター・ライトバン(ワゴン)の事実上の後継車として「プロボックス・バン(ワゴン)」が新登場し、同時期に「サクシード・バン(ワゴン)」
(カルディナの影の後継車。カルディナそのものは、9月に「打倒!レガシーワゴン」てなわけでOPA風なデザインで表面上の後継車として新登場。枝分かれしたって言うのね)が新登場。後にE110スプリンター・カリブの事実上の後継車が「ヴォルツ」となって新登場しました。バンバンバカバカババババ〜ン^^ちょこっとかかってる(笑)
この時点で「スプリンター」という車名はカタログから全て消滅しました。(復活望む^^)
    画像準備中

10代 E140、150系(2006年〜2012年)

      

11代 E160系(2012年〜)

      

※国民車構想
1955年(昭和30年)に「国民車育成要綱案」として、    
最高速度:時速100km以上 乗車定員4名又は2名プラス100kg
定地燃費:時速60kmでリッター当り30km 加速性能:0〜200m15秒以内
オーバーホール回帰:100,000km以上 排気量:350〜500cc 車両重量:400kg以下
販売価格25万円以下(月産2000台)

等の内容にて提案されたものでしたが、当時の技術では不可能等の理由で、制度化はされませんでした。ですが、クラス新規参入を狙っていたメーカーにとっては格好の目標となり、結果的に今に至る軽自動車の発展を考えると、決してムダでは無かった事が分かります。